本文へスキップ

愛知県岡崎市の眼科。岡崎南 上地眼科クリニックです。

当院でおこなう霰粒腫・翼状片・眼瞼部腫瘍手術policy&FAQ

霰粒腫

7歳以上の霰粒腫切除は随時行っております。
細菌感染を起こしている麦粒腫は、炎症がおちついてから必要に応じて手術を行って居ります。

7歳以下の手術適応

@下瞼耳側 A睫毛が抜けて薄くなっている状態 B皮膚が薄くなっている状態

       

上眼瞼瞼縁の霰粒腫は、自然に自壊(潰れて)きれいに治ることがほとんどのためプレドニン眼軟膏で様子を見ます

治療の流れについて

まずお薬での経過を希望される方は、点眼(初期のみ有効)、プレドニン眼軟膏(赤みとしこり 1か月を限度)を処方します。

7歳以上の小児は当院で手術可能です

 

7歳未満の小児は全身麻酔が必要なため、西尾市民病院、あいち小児医療センター(大府)へご紹介いたします。

翼状片手術

翼状片は、白目(結膜)の部分が異常に繁殖して、角膜(黒目)の上にかぶさるようになってしまう目の病気です。 屋外での紫外線、コンタクトレンズ長期装用などで目への刺激が多い人がなりやすい病気ですが、進行すると角膜に歪みを生じて視力低下をきたすため、手術治療が必要になります。

眼瞼部腫瘍

良性の腫瘍は、CO2レーザーを用いて切除を随時行っております。腫瘍の状態によっては、病理検査が必要になる場合があります。