本文へスキップ

アイリーア・ルセンティス抗VEGF薬硝子体注射による治療。岡崎南 上地眼科クリニックです。

抗VEGF薬硝子体注射についてpolicy&FAQ

加齢黄斑変性症・糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症に対するアイリーア・ルセンティス注射

加齢黄斑変性や糖尿病性網膜症など、網膜内の新生血管の発生や、毛細血管から血液成分が漏れ出すことが原因の疾患があります。また、体内にはこれら新生血管の成長を活発化させたり、毛細血管から血液成分が漏れ出すのを即すVEGF(血管内皮増殖因子)という物質があります。
抗VEGF抗体療法(抗血管新生薬療法)とはこのVEGFの働きを抑える抗VEGF抗体の薬剤を眼内に注射することによって新生血管の増殖や成長、血液成分の漏れを抑制する治療法です。

岡崎南 上地眼科クリニックでは、抗VEGF抗体薬の注射液であるアイリーアまたはルセンティスの硝子体内注射を行っています。

治療の決定基準

  1. 初診

    岡崎南 上地眼科クリニックでは、下記の検査や問診などをもとに網膜の黄斑への新生血管が及んでいる場合や黄斑浮腫の場合などにアイリーアまたはルセンティスの硝子体内注射を行っています。検診を行います。
    • ・視力検査・眼底検査・光干渉断層計(OCT)・蛍光眼底造影 などの検査
    • ・年齢 ・自覚症状・過去や現在治療中の眼の病気・全身の病気 など

治療の流れ

  1. 注射日の決定

    診察時にアイリーアまたはルセンティスの硝子体内注射による治療が決定すると日程を決めさせていただきます。
    アイリーアまたはルセンティスの硝子体内注射に対して理解と納得いただいてから注射当日にサインをしていただきます。
    • ・注射日3日前から注射当日まで
  2. 注射3日前から注射当日まで

    感染症を予防する抗菌作用のある目薬を1日4回点眼していただきます
  3. 注射当日

    同意書にサインをしていただき、眼圧(目の硬さ)を測定ののち瞳孔を開く点眼をします。また、痛み止めの点眼液を合計5回行い、痛みのない状態にします。
    その後、手術室に移動していただき消毒をおこない、注射をします。所要時間は5〜10分程度です。 体調が変わらければ、お会計後に帰宅していただきます。
    処方されたお薬を指示通り点眼してください
           
  4. 注射翌日

    診察は優先診察となります。受付後、検査に呼ばれますので、眼帯をはずして検査をします。眼帯を外して検査をした後に診察を行い次回の来院日を決めて、お帰りいただきます。
  5. 治療開始(1回目の注射)後〜

    回数や頻度は患者様の症状により様々ですが、通常は1か月に1回、3カ月程度症状をみながら注射します。4カ月目からも定期的に検査・診察を受けていただき、経過を観察し、必要に応じて追加治療で注射する場合があります。 

治療の費用について

  1. かかる医療費について

    アイリーアまたはルセンティスの硝子体内注射(抗VEGF抗体療法)の治療は健康保険の適用となっていますので、健康保険の負担割合分のお支払いとなります。
    検査内容などにより前後しますが、3割り負担の方でおおよそ1回5万円前後になります。高額療養費制度が摘要となるが場合がありますので、詳しくはご加入の健康保険組合などにお問い合わせください。